オリジナルTシャツ印刷の種類

オリジナルTシャツ作ってみたいと思ったことはないでしょうか。作って見ようと思ったことはあるが、作成方法がわからず作ることができなかったかもしれません。オリジナルTシャツを作成する上で、スクリーン印刷とインクジェット印刷の2種類があります。オリジナルTシャツを作成する印刷の種類についてご紹介します。

昔から利用されるスクリーン印刷

スクリーン印刷はオリジナルTシャツ印刷に古くから利用されています。その分業者も多くいるため、ほとんどの業者で印刷を請け負ってくれます。
スクリーン印刷は、印刷用の版を用意し、その上にインクを置き印刷します。特徴として、濃色でも発色のいい印刷をすることができます。また、様々なインクを使用することができるため、金や銀、蓄光など個性的な印刷を楽しむことができます。しかし、スクリーン印刷は色数が増えると版代が色数によって版代が多くなるため、色数が少ない印刷に向きます。また、印刷する枚数が少ない場合は割高になってしまします。グラデーションを用いたデザインの印刷は版を使用する都合上、きれいに印刷することはできません。

安く手触りがいい印刷ができるインクジェット印刷

インクジェット印刷は、最近出てきた印刷方法です。昔は、スクリーン印刷よりも色落ちするため、使っている業者は多くありませんでしたが、技術の発展により、改善されたため増えてきました。
インクジェット印刷は、家庭用のインクジェットプリンタと原理は同じです。紙の代わりにオリジナルTシャツで印刷を行います。その為、版代やインクの調合が必要なくなります。色数によって追加料金が発生しないため、安く多色の印刷を行うことができます。しかし、スクリーン印刷のように金や銀などの特殊な色を使用した印刷を行うことができません。そういった色を使わないのであれば、インクジェット印刷がおすすめです。パソコンで作成したデータで印刷をそのまま行うことができるため、簡単に依頼することができます。印刷の手触りは、柔らかく、シルクスクリーン印刷のように凸凹したってざわりにはなりません。

印刷の種類のまとめ

スクリーン印刷とインクジェット印刷にはそれぞれ良い点と悪い点があります。作成したいオリジナルTシャツのデザインや枚数によって印刷の種類を使い分けるといいでしょう。自分でデザインを作成し、そのデザインを実現するために最も良い印刷方法を選択することで、自分だけのオリジナルTシャツを作成することができます。
金や銀を使用した印刷や枚数の多い印刷、色数の少ない印刷を行う場合はスクリーン印刷を使用するといいでしょう。また、枚数が少なく、グラデーションなどを使用したデザインや、手触りがいい印刷を行いたい場合には、インクジェット印刷を選択するといいでしょう。
オリジナルTシャツを作成する際の参考にしてみてください。